旅先で、犬を始め、猫、狐、アライグマ、さる、スカンクなどの、動物に噛まれた場合ですが、狂犬病ウイルスに感染してしまうことがあります。注意しましょう。特にバックパッカーだけに限ったことではありませんが、海外に行く場合は、こうした事もあるのだと言う危険性を踏まえて行かなければなりませんよ。頭に入れておいてください。特に狂犬病を発症してしまうと、ほぼ100%の死亡率と言います。ですから、注意しなければいけませんよ。特にバックパッカーになると山の中などツアーでは行かないような所にも行きがちです。ですから、特に注意が必要ですよね。海外に行っって可愛い動物がいてもむやみに触らないことですね。また野性動物には触らないようにすることがとても重要なことなりますね。<それでも万が一噛まれてしまった場合>慌てないことです。直ぐに石鹸で傷口を洗ってください。ワクチン接種のために病院へいきましょう。■直ぐに石鹸で洗います。ワクチンは事前に狂犬病の予防接種を受けているかいないかと言うことになります。※受けている人は2回です。噛まれたら直ぐに病院に行きます。直ぐにワクチンを1回摂取します。このようにバックパッカーの旅では何があるか分かりません。その為に予防接種を事前に行っていくことをお勧めします。その方が良いでしょう。噛まれたあとは直ぐに石鹸で傷口を洗うことです。(笑顔)